平成30年度 三陸けせんマチナカ商談会

「三陸けせんマチナカ商談会」は、
三陸気仙地域で
生産された魅力ある商品を
岩手県内のバイヤーに改めて紹介する商談会です
昨年に引き続き今年度も開催するはこびとなりました
大船渡市、陸前高田市、住田町の
こだわりの商品が集います
岩手県内から広くバイヤーを募集していますので
ふるってお申込みください

開催要項

日時 平成30年11月14日(水) 13時00分~16時00分
会場 リアスホール 1階マルチスペース
大船渡市盛町下舘下18−1
主催 三陸けせん希望ストリート連絡協議会
出展事業所 大船渡市、陸前高田町、住田町の水産・農産・畜産物の生産者及び加工業者等
募集品目 気仙管内で生産、加工された水産、農産、畜産物の加工品(一次加工品含む)、菓子、酒類 等
内容 展示商談会方式
募集対象バイヤー 気仙管内をはじめ、岩手県内の飲食店、小売店、ホテル・旅館・民宿・食品加工業等の食品に携わる仕入れ担当者等

三陸けせんマチナカ商談会 5つの特徴!

①気仙管内をはじめ、岩手県内のバイヤーに、改めて商品の紹介・PRができます
②商談会に参加未経験の方も気軽に参加できます
③小ロットでの取引も可能
④取引先が気仙管内、岩手県内と距離が近い
⑤参加バイヤー(発注側)は大手だけではなく小~中規模事業者も参加します

「三陸けせんマチナカ商談会」では、小~中規模の事業者が多数参加することで、小ロットからの取引も可能となり、これまで商談会に参加したことがない事業者の方も気軽に参加することができます。

また、消費者ニーズを捉えた今後の商品開発や、地域で消費する商品を地域で生産する「地消地産」の取り組み等、生産者の皆さんの新たな販路拡大を目的として開催します。

「地産地消」と「地消地産」の違いとは?

「地産池消」とは「地元で生産したものを地元で消費する」という考え方です。それに対して「地消地産」とは「その地域を訪れた旅行者(顧客)が期待する、高付加価値の商品をその地域内で生産・販売する」という考え方です。言い換えれば、地域の良い素材に手間をかけて価値の高い商品に仕上げ「その地域でなくてはならない価値ある商品」を開発していくことです。

申込み期限平成30年10月15日(月)正午到着分まで
メール ofunato@chive.ocn.ne.jp
FAX 0192-27-1010

お問い合わせ先:三陸けせん希望ストリート連絡協議会 (事務局:大船渡商工会議所内)
〒022-0003 大船渡市盛町字中道下2-25
TEL 0192-26-2141