岩手県産業復興相談センター

岩手県産業復興相談センターは、

東日本大震災により甚大な被害を受けた中小事業者などの

事業の再開や事業再生を支援するために設置された

公正中立な公的機関です。

 

岩手県産業復興相談センターは盛岡商工会議所の岩手県中小企業再生支援協議会が設置主体となり、専門家が相談を受け付けます。また、沿岸部を中心とした県内12か所の「復刻相談センター現地事務所」でも震災アドバイザーが制度説明、相談の受け付けを行います。

 

大船渡商工会議所内に「産業復興相談センター大船渡事務所」を設置していますので、お気軽にご相談ください。

 

Q1.センターではどのような支援を受けられるのですか?

A1.早期事業再開に向けたアドバイスや幅広いサポートを行います。(原則として無料です)主な内容は次の通りです。

①信用保証制度や制度融資等の支援施策のご案内

②外部専門家や関係支援機関のご紹介

③事業計画の策定支援

④産業復興機構による債権買取の支援

 

Q2.債権買取支援とはどのような支援ですか?

A2.例えば、設備等が流失して新設が必要な場合等、震災前の借入金の返済負担が大きく、新規融資を受けることが困難となっている事業者について、金融機関と調整等の上、産業復興機構が債権の買取を行い、元金・金利の返済を一定期間凍結することで金融機関からの融資を受けやすくする支援です。

 

センター活用イメージ

※個人事業者、小規模事業者、農業協同組合法に規定する農事組合法人、医療法に規定する医療法人及び社会福祉法に規定する社会福祉法人等を含む全ての事業者(ただし大企業は除く)

 

岩手県のホームページはこちら